FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫が伝説のために旅に出るようです 第1話 やる夫と翠星石が勉強をするようです 

26 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:02:03 ID:4pn5Z4FI
   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::  では第1話を投下する・・・
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

27 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:03:16 ID:4pn5Z4FI


⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_      |!____i|     ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒
  `ー' ,-、_ノ⌒)    /=‐::::::::::::::::∧
'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ    ∧────ト ∧     (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
              /=ヘ ロ ロ ロロ | /=ハ  /ヘ  `~‐-、__二ニ(    むかし昔、今から150年前の話
  /⌒ヽ、_     /_ ヘ ロ   |/_ハ/= ヘ
,ノ"´ `゛ー-、\-‐'  ]二二[     ]二二[.| ̄| ∧              とある小さい王国に15歳になる2人の男女が居たそうな
"´′     "ノ ヽ\ |ロ ロ ロ |=====:|ロロ ロロ|\|/=ヘ__/⌒、∧_,∧、_
    ,ノミゝ       ...┌冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖冖    /=∨ハ     そしてこの王国では15歳になったものは
彡ゞノソ爻乂ゞ∧ ソ   |============..|\_/_ハ__ハ
爻ノゞノ个ゞゝ/=ヘミ   |___ ェェ ニコ  ェ  」   | |  |  ロ| ロ|     旅の刺客を持つことができるのであった
^^~" ̄~~゙ /=-ヘ彡/...._/|      ェェ  r=====ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
从 ノゞ Fニニニニ.I |    .| : | r=====ョ   /=-‐==ハヘ | ̄∧ | ̄∧    そして二人の男女は冒険者になる道を選んだ・・・
ノ爻ゞ   |  ./ ̄ ̄ ̄∧...:::| : | ||ロl.lロ||  /== -‐-ハヘ レ'△ヘ レ'△ヘ
ノゞヽ / ̄ ̄ ̄ ̄∧/品| | : | ||日ll日|| /____ハヘ______   男子の方は過酷な旅を続けながら人助けを・・・
ゝ'  ./___-=/品| ∩ .|// ̄ ̄ ̄[INN]┌┬┐ |┌┬┐┌┬┐
  /\=-    \_¬ //′″,,   _ |  ├┼┤ |├┼┤├┼┤    女子の方は旅を続けながら歌手として歩んだ
/ .品. \‐-  //|_ ̄ "   . / /|  └┴┘ |└┴┘└┴┘
____\_| ̄|/|/        . | ̄|/|______|______    そして15歳になった、2年後の時が過ぎた頃に
   .エコ  ュ | ̄| ''|  ′′ ''''  | ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
 エ コ .. 匚 |~コ| │     ‐-  |  ||匚]  ′′匚 ]           大魔王となのる者があらわれました。
,,vy,、,_,,,.,.,,vv、.,,| ,,_|,/ 二=  -‐  |,,_ ||,,___,,vw_,,,,,y从w,,_、、,,,_vy,,_
::::、、::::::::::::vy,,::::::::::::::z'     ‐-  `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

28 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:03:52 ID:4pn5Z4FI


                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|                     魔王は最初に二人の生まれ育った
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|                     街を襲うと世界に宣言しました
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1            それを知った二人は生まれ育った町に戻り
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉     二人は2年ぶりの再開しました
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::    だけどそこはもう魔王に襲われた後の町でした
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::    その後、二人は頼りになる仲間を見つけて
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :    この町にまた戻ってくることを約束して
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;    また旅に出ました
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `

29 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:04:29 ID:4pn5Z4FI
:::::::::::| | | | | |::::: :::::::::: || | | ||:::::::::::: .:::::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::::::|| | | ||:::::: .::::::| | | | | |:::::::::
:.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:. .:.:. :.:|| | | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: || | | || .::.:.:.:.:.:| | | | | |.:.:.:.:.
:::: : : | | | | | |::::.: : : : : || | | ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|| | | ||: : : .:.:: | | | | | |: : :::
:..: : : | | | | | |:::.: : : :  || | | || : : : : : : . .        . . : : : : : : : : || | | || : : : .::| | | | | |: : ::::
: . :. | | | | | |.. .. . . . .|| | | ||. . .             .   . . . . . || | | || . . . ..:| | | | | |. . . .
:. . . | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | | . .
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |     だがそれが脅威になると思った大魔王が
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |     12匹の強力な魔族を送り出しました
   | | | | | |     || | | ||                    || | | ||    | | | | | |
   | | | | | |     || | | ||        / ̄ ̄\         || | | ||    | | | | | |     しかし、仲間を次々集め、
   l l l | | |       l | | ||         ||         ||        || | | l      | | | | l l
     .l l l |       l l|         ||         ||        |l l         .l l '      その魔物たちは倒され、封印されました。
      .  ' l |      .;          ||         ||                   .;
    ;:.     l     .)'ゝ;            ||         ||        )'ゝ;       ;:.       再開の約束の時になった頃、
   ::ノソ:.       .:(  .):        | ̄|      | ̄|        .:(  .):     ::ノソ:
  :)' て:..      riェェェiュ        |  |      |  |        riェェェiュ    .:)' て:..      仲間の集った2人は大魔王の元に向かいました。
 ::(   ):      └回┘  ____|_|───|_|___ └回┘   ::(   ):
.. [[匚囗二]]        .| |   /7\_|_.||三三三三三三||-</ニ∧  .| |    [[匚囗二]]     それから150年後・・・
 └L凵」┘        | |  ./7_/-< ||;三三三三三三||_〉-<Α | |    └L凵」┘
   | |:|     __r土'ュ/7_;l_匚||;三三三三三三 ||_]_〈_r土'ュ__  | |:|
   | l:|     ∧/:::l   ..:| ......::;| |ニlニニニlニニニニニニlニ| |   :|__,/ヽ∧  | |:|
   | |:|    .∧/ ̄\;;;;;;√ ̄`7| |;;二二工二工二二工二二| |::...;/   \ヽ∧ | |:|
 ┌┴┴┐ ∧/  .::/ ....ヽ .:/ | |-┴┬┴-ー┬┴ー┬┴ー| | ̄\ ...,.,.;;;/ ̄┌┴┴┐
 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄
 ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄

30 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:05:05 ID:4pn5Z4FI [25/40]





           やる夫が伝説のために旅に出るようです。
          第1話 やる夫と翠星石が勉強をするようです

31 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:05:41 ID:4pn5Z4FI [26/40]
ファースト地域 ファースト村 新速出家
      ____
    /      \
   /         \
 /            \  う~ん
 |   _,   /        |
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ   やっぱ、色々引っかかるお
   |  | ゝ_ \ /  )
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /


                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、   やる夫!遊びに来たですよ。
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ   って何を考えてるんですか?
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }
-―┴‐::`ニニ>'´: : : : : :〉 /: : : :!: : : : : : : : :/: : : : : / : : :.:/ノ: : : : : : : : : : : : : ヽ }: : : : : ヽ }
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃名前;緑野 翠星石 15歳                  ┃
┃職業;ファースト冒険学校3年Bクラス  女子生徒    ┃
┃主人公の幼馴染で自分の欲に素直、やる夫の少ない ┃
┃友達の1人で主人公より2か月年上。地味に食いしん坊┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

32 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:07:16 ID:4pn5Z4FI
         ____
       /     \
.    /       \    ああ、翠星石かお・・・
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|  実は昔話でなんか気になることがあるんだお
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃名前;新速出 やる夫 15歳                ┃
┃職業;ファースト冒険学校3年Bクラス  男子生徒    ┃
┃今作の主人公。友達が翠星石含めて6人しかいない。 ┃
┃友達が少ない。成績は普通、頭は悪いわけでは無いが┃
┃ではない。料理や家事は得意が、めんどくさがり屋   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


..      ____
     / ―  -\    まず、魔王が現れたのに2人は別々に行動したんだお?
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   2つ、12匹の魔物ってなんか表現があいまいな所だお。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /   3つ、倒したのはいいとして封印はだれがしたのかお?
.   ノ         \
 /´            ヽ   最後、大魔王は倒したのかどうかあいまいだお。

34 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:09:17 ID:4pn5Z4FI
   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \  おお!やる夫にしてはまともな質問ですぅ。
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /  だけど、そんな昔話なんてほとんどが嘘ですぅ。
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´    というか、なんでそんなことで悩んでた、と私は質問を質問で返すですぅ
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|      そんなことより今日は何して遊ぶですぅ?
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i
: :/ /  ノ |ハ |    / |( /\.    / |   l:|


       ____
     /⌒  ⌒\     そうだお!作り話ならしかたないお!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   いや、久しぶりに魔法の特訓するお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  どうせなら雷魔法を練習するお

35 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:10:07 ID:4pn5Z4FI
           _ -―´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
          ,/ ,===''⌒''== 、、
        / ,=          ヽ   ふっ・・・この翠星石様に雷魔法なんて朝飯前どころか
       /  ,='  _  ∧_ _,,
      /,,_ {i ,~ ~  /´ ハ^、_    起きる前レベルですぅ。
        ヽi} / /   / ヽ_/ ヽ__,,\
         { | _|__,,/ /  ̄ \ヽ   翠は魔法部門だけ最もランクの高いSクラス並の実力ですよ
         ヽ | _|∠_// ┬―ゥ ヽ
          |`、ヽ.__ノ    ヽ-‐' _/   めんどくさいですぅ
  r"      | |{i t    _     / |
 (   =‐'  | | i} > 、___ヽノ_ ,ィ リ| l| |
  ゝ-'     // i} / }-‐斤ヒl、__| l| |
    r、   //,,i} //}} l|》o《|! {{`lヽ
   __ゝ |i}^V'' __/  }}  ハ  {{ |
   ヽ  ノ'  `j    }}  /X |  {{  |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃学校では最初の成績が高いほど優秀なクラスに入れる┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    じゃあ翠星石は宿題はおわったかお?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |  もちろん自分で優秀といえる翠星石ならできてますよね?
  \     ` ー'´     /

36 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:10:53 ID:4pn5Z4FI
      ヽ,ク .: .:,    .:.:.:.:.:.:.`ヽ、
     / ,/.:/  .:.:::::: ||、 .::::::::ヽニヽ
     // .||./  .:.:.:::::〃/.|.:::ヽ. ::::::`、/     え?宿題?
.    // .:::!!.:. .:.:.::::::イ./.::ハト、.:::', .::::::|.::',
   // .:::::リ.::'´ ̄フ //.::/ ̄``v| .::::::|::::',    え、えっと・・・
    |:ハ .:::::.', 、r.‐、"//,.r.‐、-,リ .::::/|::::::
    |:! .ト、.:::::ヽ 辷ノ    辷ノノ/ .::/.リ:::::::    そう!もうおわったですよ
    ゛ {| .ヽ、、_""" '   """ /.:イ .リ:::::::::
.     {|米j|、::::、  r-__っ  ノノ   リ.::::::|:::
.     {|  j| `> '` ー-- ‐ ´ノ 米 イ|:::::::|:::
      {| jレ'米 儿>介ノ.米 /|::::!:::::::!:::
      `、<_ノノッ ´/ ,.-'´ .|.|::::|:::::::|::::
             /:/ '´,--v-ュ、 !:::::::!::::
           // Y´/´.::::::::::::..\\::::::!::::
        //. j|〃.:::::::::::::::::::::..\\!::::


     ____
   /      \
  /         \
/           \   その喋り方だと絶対忘れてたお
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   やる夫は翠星石から見せてもらおうと思ったけど
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     しょうがないから特訓は中止して宿題を片付けるだお
  \ /___ /

37 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:11:29 ID:4pn5Z4FI
     ____
   /      \
  /  ─   ─\   今回は基本の復習らしいお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  体質学、魔法学の順で片付けるお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    さっそく答えを書いていくお
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┃注意、これからこの世界の設定を┃
┃書きます。厨2要素が満載です。 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┛

38 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:12:06 ID:4pn5Z4FI [32/40]
==================================================================================
問題 人は生まれ持って決まる体質があります。それをそれぞれ詳しく答えよ
答え 陽体質と陰体質
陽体質の人は陽属性の魔法の技術と体力が多い傾向があるとされる
陰体質の人は陰属性の魔法が技術と魔力が多い傾向があるとされる
稀に両方の傾向を持つ体質が存在するがほとんどが短命だったり生まれ持っての障害が多い

問題 陽属性の魔法属性の種類を答えよ
答え 炎、雷、風、強化、回復、光

問題 陰属性の魔法属性の種類も答えよ。簡単な説明も答えよ
A、氷、水、土、弱体、異常、闇

問題 それぞれの魔法の対極な相性を答えよ。
答え 炎⇔氷 雷⇔水 風⇔土 強化⇔弱体 回復⇔異常 光⇔闇
==================================================================================

39 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:12:52 ID:4pn5Z4FI
              _-‐ ―   、
         >"-‐´ ̄、¨‐ \ ヽ
        /:.:.:.:/:.:.:.:.:{:.:.:\:ヽ ヽ \   まぁこれで宿題が片付いたですぅ
        //:.:./.:.:.:.:./l.:,:.:.:.ヽ:.i ',/´
         {:':.:.!:|,.:ノノ //,へ_:.l:.} |:.:l    しかしこんなの2年生レベルの問題ですぅ
        'ヽ:.:.! ―‐  ―‐ }:.| |:.:|
            ヽ:ゝ" Δ  "ィリ:.| |:.:|
            | | ` ーz 、‐く.:.:.:| |:.:|
            | |:.:.:.<_ノヽ_):>:.:| |:.:|
            |. 」:.:.:.:.| | | .!:.:.|. 」:.:ヘ
           /.:.:.:.:.: |    l :.:.:.:.:.:.:.ヘ
            /.:.:.:.:.:.:. |   |:.:.:.:.:.:.: ヘ
         /.:.:.:.:.:.:.:.: |    .| .:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:. |     | :.:.:.:.:.:.:.:/


         ____
         / _ノ ヽ_\     しょうがないお、やる夫達の学校はDクラスまであるお。
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \  卒業までの宿題は全クラス同じだお
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /   そしてなんだかんだ宿題やってたら、もう昼飯のじかんだお
   /   /         \
  /   /            \  カーチャンは昔の友達の家に遊びに言ったし・・・やる夫が作るお
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

40 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:13:27 ID:4pn5Z4FI
    /ノ´: /: : : : : : : : : : : : : :i: : : ::i: ::ヽ: : : : : :\   \
   /": : :/: : : : : : : : : : : : : : ::|: : :|: |: : : ヽ: : : : : : :ヽ  /
  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V       せっかくだから
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|       翠の分も作ってほしいですぅ
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|       異論は食べ終わってから聞くですぅ
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,
: : : : : : : : :∧.l.}  }〔 ´ / ヽG=ニ:|(    ./r'/rく: : : : : : : : :',
: : : : : : : ::/ )|.ト}  }ヽ    へ)|ノ\.{ |/ーi  /`./ ( ヽ: : : : : : : : ',
: : : : : : : /  .)|.「.) .} ∧     ) 7 .ヽ |    { フ  |  ヽ: : : : : : : : ',


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ    めんどくさいけど
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ  翠星石の性格だと異論しても無駄だお・・・
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /   じゃあチャーハンでいいかお?
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

41 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:14:03 ID:4pn5Z4FI

      / / ※, = === = 、 ※ <   \
     / 〃>: : : : : : : : : : : : : : : : : : : <  \   ヽ
.     /  i/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\※\  ',    え?やる夫ってチャーハン作れたですか?
.    \/: : : : : : :___: ,ァ: : : : : : : : ,、 : : : : : :\ j  ',
      ,' : : : : : : :´ ̄/''|: ∧ : : : ≠=ヾ、: : : : : :ヽj  ノ    半分は冗談のつもりだったですが
      !: : : : : : : : /=xレ  |: :,/__ ヽ! : : : : : : | /  /⌒ヽ
      !: :/: : : i:/〃' _)沁, // ''于心 ! : : : : : : |    し⌒i i
      ∨.: : : :.| '' 乂:::ツ '´    kー':::| 》l: : : : : /yi}      ノ ノ
       |\ : : \            `ー‐゚ ノ: : : :,/  i}      し「
       |: :{i\.: : :ゝ    '     /.: : :/i  i}、     ◯
      /: :{i  iト´、    ◯       >- ´: :{i   i}:\
    ∧: :{i   i} : : > _    _ < : : : : : ; {i   i}: : :.ヽ
    /: :ヽ{i   i}: : / l_ニ ´ ,i : : :ヽ: : :/: {i   i}: : : : )
.   /: : : : {i   i}》: :》´ ィ≧≦ァ 7《 ̄《气: : {i   i}: : : /:ヽ
  /: : : : /{i   i} 厶斗〈 r-ァ卞ミ彡   ヾ \:{i   i} : /: : : :


                  ┌一´ ̄`ー┐
                \_____/
                 l    | ハヤキガエッ!!
                , L _」
               /⌒  ⌒\
         ,ィ^ヽ  /( ●)  (●)\
.          { |  |/::::::⌒(__人__)⌒:::::\   結構チャーハンはつくるお!
            ヾ__, |     |r┬-|     |
             l l  \     `ー'´    /    実際>>1はチャーハンとか作るし
.          /`ヽ__/ >ー ‐-- '´ \
         ヽ_ ノ / {>ロ<}  _ ノ  }    でも具はほとんどないけどね
             l_lヽ/   /o   o〈_|__ノ,
.             /   /o    o      ',
            〈   /o     o      |
              \l________/
              ヽ_/    ヽ_/
                 |ー'|       V⌒)
                ̄         ̄

42 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:14:38 ID:4pn5Z4FI
       ___
     /      \            >>1のやり方だけど作り方を言うお!
    /   ⌒   ⌒\
  /     (⌒)  (⌒)\         まずは卵を溶いておいて、御釜から取ったご飯と
  |     :::::⌒(__人__)⌒: |
  \      ヽ_ノ  /         まんべんなくかき混ぜるお
    ヽ    , __ , イ      ノ
    /      _ ヽ (   ノ      そしたら醤油をかけてあらかじめ油をしいたフライパンに
   |   l..        (  ノ
   ヽ  丶-っー――――,、        ぶち込んでいためていくお
   /`ー、_ノ、___/ノ


       ____
     /:::::::::  u\     そして炒めながら塩胡椒を好きな量を振っておくお
    /    \,三_ノ\
  /:::::  ( ●)三(●)\   最後に醤油をまた大さじいっぱいかけて数秒炒めて完成だお
  |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ |
  \:::::::::   ` ⌒´   ,/_            ・゚・ 。・
    / ⌒ \ /⌒\              ・゚・ 。・゚・ ・
   |   \ ./     \  ((    _,,,-ー・゚・ 。・・ ・・,,,,,_
   \   \____|  /    , - ' ゙  ・゚・・゚ ・゚・。・ ゚・` ` ー 、
     \   ./○二二二○二二ヽ、 ヽ・゚・。・ ゚・・゚・ 。゚・・ ゚・。・゚ ,:'  ))
     ./ \/  |   |          `=-、....,,,,,____,,,,,... -‐=''
    /      .|   |

43 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:14:48 ID:4pn5Z4FI [37/40]
./  //: /: : /: /: |: : ヽ:ヽ \
.\._/:  :/: :/: //: ∧: : :}: } ヽ
  / : ├--‐‐ァ' /: :〈_ヽ_: :|: :|   〉  具がないけど・・・おいしいのか怪しいですぅ
 .∧: : :|T7テぇ、// .ぇ-ェミ: |: :|ー'
  ∧: :| .ゞソ "   {.r'j.}."/: /|     まぁ黒焦げとかホイホイ♂チャーハンじゃない分ましですけど・・・
  : : }ヽヾ、  ̄   j   ゞ''`///:|
 : : : :ヽヽ.ゝ        < / ./ :|     ちなみに塩分は高めらしいですぅ
  : : : ハ. \ ⊂ニニ..> _.イ /: |
 :: : :.,へヽ ヽ `_r- -r ' i: :| /: : |     食事の栄養面は保証はできないって>>1は言ってるですぅ


             ____
          /        \
       / ⌒  ⌒   \
      / (⌒)  (⌒)    \   しょうがないお、>>1が父親から教わった作り方だし
       |   '" (__人__) "'     |
      \   `ー ´     /    そんなことより早くたべるお
      / ゝ         ィ'ヽ
     /                 \
    /   ィ          r   \
    |   `|| ____  _|___ヽ
    /⌒ヾ_\__/_\__/r-、
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

44 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:15:11 ID:4pn5Z4FI
       .____
     /⌒  ⌒\.
    /( ●)  (●) \ .  ○     では一緒に
  ./::::::⌒(__人__)⌒::::: \. |
  .|     |r┬-|    . |⌒)
〈_ィ.\      `ー'´     / /


             ,. -‐' 二二二二ニ、‐- 、
        / _r‐┘  ※  ※ `^ヽ\
       /r‐'´ ※ _r-:‐ヘf^^¬‐-、※\`ヽ、
      / /※ _r‐┘::.::.::.:lト、::.::.、::.::.:: ̄ヽ} /    せーの!
.     / l 「 _r┘::/::.::.::l::|::.||l:ト、::.::\::.::.::.::.:V|
    /  ∨::.::.::.::l::.::|;ノ:/::.l:|T 弋ー:ヘ::.::.::.::|:|
.    く   |::.::.::.::.」::イ://l::/// _  `ー┤::.::.::ハ
    `゙┬|::.::.::.´:|::// ‐ / '  、二ニ }::.::.:/::.::l
      |::.ヽ.::.::.::.V -‐'′ ,   〃__/:::/l::.::.:|
.      l::.::.::.「ヽ、_::\" r-―‐1 `ーイ※|::.::.::l
      ト、\::} 、レヘ ̄   !   |  ,.ィ′ /::.::.::.|
      |_込_\小 |> 、 ヽ、_ノ ,.イ::.{   }::.::.::.::.l
     /´ ー--ミ、  |::.:/l::`フ ‐'´L_|::( 、レ|::.::.::.::.:|
.     |   二ニ、∧ヽ レ‐'´ rミニへ `7 小Ln::.::.: |
  rーl   ,.:‐ァ'′|\\/ ,.イ^ヽ \!   | | ト、 ::.:|
  ト厶  }::/:.:.:.:.:li  \ヽ//| }{ ト、  }、レ | |{:.:l ::.:|





          いただきます!






            やる夫が伝説のために旅に出るようです。
          第1話 やる夫と翠星石が勉強をするようです 完

45 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:16:21 ID:4pn5Z4FI
   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::  第1話の投下はこれで終了・・・
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::   第2話の投下は明日の7時30分ぐらいからの予定
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

46 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/01/09(月) 20:19:41 ID:PQTokxk.
乙です
掛け持ちながらもペース早いなwwwwww

47 名前: ◆c6vioGbohI[] 投稿日:2012/01/09(月) 20:23:20 ID:4pn5Z4FI
   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::   >>46 これからあっちの方はペースが落ちると思いますが
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i   こっちのスレの書置きは現在22話制作中と書置きが多いので
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   しばらくは大丈夫だと思う
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/     実際はこっちが最初に書いてたと言う事実があるが・・・
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


第2話 卒業試験と謎の戦士やらない夫

まとめ
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:エレスサール
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。